どうすれば土地を買える?

どうすれば土地を買える?

投稿日: 09/12/17日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

土地を買うってどういうことでしょう?

土地は売買することが出来ます。
つまり現在建築地が無い場合、購入すれば良いのです。
土地売買はもちろん家を建てるために売買する方がほとんどです。
しかし中には、農地として使いたい。駐車場を運営したい。マンションやアパート経営を考えている。
などいろいろな用途で土地の売買は行われます。
その用途に応じて、購入すべき土地は変わります。

現在賃貸マンションで住んでいたり、社宅に住んでいる方は、家を持ちたいと思ったとき、単純に考えると建売の分譲住宅を買う。分譲マンションを買う。そんな選択肢が浮かびます。

しかし土地を購入し、家族のこだわりが詰まった注文住宅を建てるといった選択肢があります。
実は知らない方も多く存在致します。

どうやって買えばよいのでしょうか?

土地は、洋服や雑貨を買うようにお店に商品が並んでいる訳ありません。
一般的には、不動産屋に物件情報があり、それを確認し現地を見て購入判断をする方法があります。
情報は不動産屋にあります。
しかしながら不動産屋にもいろいろあります。賃貸物件を専門で扱う不動産屋もあれば、売買を専門とする業者もいます。
大手不動産屋もあれば、個人で経営されている不動産屋も数多くあります。

では、どこに相談すればよいのでしょうか?

さあ、土地買うぞと思ってもなかなかどんな不動産屋に声をかけていいのかわからないものです。
土地を買って家を建てようと思ったら、まずどんな家を建てたいかを考え、その住宅会社に土地から相談すると間違いなく計画が進めれます。
欧倫ホームでは、そんなお困り事にお答えすべく土地購入から家を建てるまで全てにおいてサポートできるよう提案しています。
まず建てたいイメージをヒヤリングさせて頂きます。その後それが可能な土地や資金計画を立て、実際の物件を案内させていただきます。
この準備をするとどんな土地をいくらで買えば良いのか明確になり、購入する際にスムーズに計画が進めれるようになります。
不動産屋へ行って土地の紹介を受けても、その土地がイメージしている家が建つのか、土地を成形する費用がいくらかかるのか、土地建物の住宅取得総額の資金計画が成り立つのかはなかなか判断できないでしょう。

その全ての資金計画を事前に計画し、それ元に土地を探せば不安はなくなるはずです。

それでも気に入った土地が出てきて、いざ買うぞという時にはやはり勇気がいります。買えばその場所でずっと住んでいくことになりますから、二つ返事で買うとはなかなかいえないものです。

 買っても大丈夫という安心できる資金計画ができていれば、購入判断が早くできます。良い土地購入をする為には、良い判断力が必要となります。良い土地、買いたい土地、買いやすい土地というのは皆さん欲しいものです。競争率が高くなればなるほど、いざと言うときの判断のスピードが要求されてきます。何せ同じ土地は二度と出てこないですから…

 

買うと心に決めたら、次は地主さんに買付書を提出します。
そこで購入希望額や条件を地主に提示し、売るかどうかの判断をして合意があれば契約となります。
そこから忙しくなります。
買付から契約が、1から2週間、土地引渡しまでが一ヶ月…ここまでは一気に進んでいきます。
土地を現金で買って、ゆっくり考えましょうという方以外は、住宅ローン事前審査、契約日の確定、建物の打ち合わせと同時進行で進めなくてはいきません。
もちろん土地引渡しが終われば、住宅ローンが始まります。つまり住宅ローンと住んでいる家賃等を同時に支払っていく事になるので重複する機関は極力短い方が良いと思います。


このようにいろいろな事が同時に重なるので、建てたい住宅を相談しながら、土地や資金計画も同時に相談することをおすすめ致します。