<土地付中古住宅を考える。>

<土地付中古住宅を考える。>

投稿日: 10/8/15日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

<土地付中古住宅を考える。>

 「マンションでは満足しない」「土地付き一戸建てが欲しい!!」「注文住宅を建てたいが、更地の売地に巡り合えない」などのご要望の方の一つの選択肢として土地付中古住宅を購入する方法があります。

 ところが、中古住宅は以前そこに住んでいた人が、どのような使い方をしているかわからないのが不安ですが、販売する際には必ず外壁や内装を綺麗にします。
内外装共にリフォーム工事できれいになりますが、どのようにリフォームしたかが問題です。

建物の事を考えてリフォームされた住宅は、その後も長く住み続けることが可能ですが、本当に具合の悪いところもベールで包んでしまうような工事をしていると問題です。
外壁にヒビが入っていて、それが致命的な箇所だったとしてもリフォームした後は、プロでもなかなか見つけることが困難です。
他に注意するところは浴室、洗面所、台所等の水回りの床下が腐って白アリにやられている場合があります。
もし万が一柱、土台が腐っていると大きな地震がきたらひとたまりもありません。

築年数によっては、耐震工事が必要になる可能性もあります。

購入する中古住宅に末永く住み続けようと思っている場合は、慎重に調べる必要があるでしょう。

購入後に欠陥を発見しても、新築と違って保証などはありません
中古住宅を購入するときは、建物に詳しい専門家に診断してもらうのも一つの方法です。

 また購入後に解体し、新築住宅を建てるというのも売地が少ない現状では土地を取得する上で検討に入れるべき情報かもしれません。

この両面から、どのような物件を購入すべきかを検討されてはいかがでしょか?