<引越って大変!?>

<引越って大変!?>

投稿日: 10/7/25日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

<引越って大変!?>

荷物も少ないし、手伝ってくれる友達もいるし、トラックの手配ができれば自分でできる…これがいちばん安くて簡単な方法です。
でも大抵の場合、時間もない、人手も足りない、荷物も多い…と、引越業者を依頼することになります。
引越の目的は、 「事故がないように新しい住まいに荷物を移動してもらう」ことです。事故とは、交通事故のことではなく、物品が壊れたり、なくなったり、住居に傷をつけたり、予定の日がずれたり…という、考えられるいろいろなトラブルのことです。
タウンページや、インターネットで「引越業者」「運送業者」を調べてみると、大手から地方をメインに動いている小さいところまで、とてもたくさんの業者がでてきます。YAHOO!の電話帳で調べても3600件もヒットするのです。
もちろんこの中には、同じ業者の支店まで含まれている数なのですが、それを省いても相当に多くの業者が存在することが分かります。

このなかで、自分に適した引越業者を選ぶことができるでしょうか。

時間が無い引越の場合、印象に残っている大手の引越業者を選ぶことになるかもしれませんね。
もう少し時間の余裕があれば、中小企業でも、しっかりしたシステムの業者はたくさんあります。
宣伝していない分、料金が安いところも多いので、検討してみる価値はあります。
最近は、インターネットでも簡単に検索できます。
自動車保険や生命保険も同じ方法で、簡単にオンライン見積もりができます。
現住所や引越先、おおよその荷物の量など、ひとつのフォーマットに入力すると、複数の会社に一括して見積もり依頼が送信されるシステム。
ひとつひとつ調べるよりも効率がよく、何よりも簡単に比較できるのがいいところですが、きっと業者からの営業の連絡もたくさん来るでしょう…
勝手に競合、勝手に値引き合戦。
一社一社相手にするのも結構骨が折れる作業かもしれません。

また一番大変なのは荷作りです。
引越業者を決めてから荷作り作業になるはずですから、直前すぎると徹夜の連続になることでしょう…

やはり一番の正解は、事前にしっかり準備する事ですね。