買っても良い土地、いけない土地 vol.3

買っても良い土地、いけない土地 vol.3

投稿日: 10/2/4日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

<買ってはいけない土地>

物件見学の時は、周りの土地をよく見てください。ご近所の人に気になることを質問してみてください。
・この辺は昔何だったのか?
・地盤は良いか?
・かつて大水につかったことはないか?
 などなど。

特に、周りに広い土地や、遊休地などがある場合は気をつけてください。
数年後、そこにマンションが建ったりする場合があるからです。そうなると、今の景色と生活は一変します。
いずれにしても土地は、過去、現在、そして未来の時間軸で見てください。

最後に安くても買ってはいけない土地についてです。
まず一つ目は、給排水設備が整備されていない(できない)土地です。
費用をかければ、整備できる土地と、お金をかけても整備できない土地があるんです。
二つ目ですが、周辺に嫌悪施設がある土地です。一般的に、このような施設がある周辺の土地って安いんですね。
何を嫌悪施設と呼ぶかは、個人の価値感にもよります。
例えば、近くに火葬場がある場合。
たとえ隣になくても、ちょっと嫌がられるケースが多いです。
養鶏場、養豚場も匂いが気になります。ですから、風向きも要チェックです。
また、産廃処理施設や大きな工場、ラブホテル、墓地なども嫌悪施設に上がりやすいです。
3つ目ですが、大きな河川の近くや谷地にある土地です。想像つきますよね。
河川の氾濫による水害とか、地盤沈下の不安もあります。
それと最後の4つ目は、見晴らしがいい土地です。
確かに、こういう土地は、開放感や眺望が魅力です。
しかし、平坦な土地と比べると造成費や地盤補強工事費に費用がかかります。
  眺望が良い=高低差がある土地。もしくは崖地。  であれば当然ですよね。
金額以外にも工期は平坦な土地に比べかかるでしょう。
ですから、特別に眺望重視でない限り、こういう土地も避けたほうが無難です。

以上4つほど買ってはいけない土地をお話しましたが、このような土地を絶対に買ってはいけないということではありませんが、安いには、安いなりの理由があるということです。
安くて良い土地はありません。ですから、安い土地を買う場合は、リスクを十分承知したうえで進めてください。
ただし、一般論ではリスクとなっても、リスクに感じない場合もあります。

人によって良い、悪いの判断基準は違います。
あくまでも一般論とご自身が求めるもの同じとは限りません。
つまり、いろいろな角度の検証をすると良いと言えるでしょう。