土地のデメリットをメリットに変える方法~高低差編~

土地のデメリットをメリットに変える方法~高低差編~

投稿日: 16/11/29日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

前回、設計の工夫次第で「変形地」というデメリットをメリットに変えることのできる施工例をご紹介させていただきました。(⇒土地のデメリットをメリットに変える方法~変形地編~)

今回ご紹介するのは、「高低差」のある土地についてです。

一般的に高低差のある土地は、変形地と同じように建物を建てるのに工夫が必要なことが多く、また高さを支える擁壁などの造成工事も必要となり、造成費用にお金がかかってしまうことがあります。

これを知らず、土地を購入後に「擁壁を立てるのにこの金額が必要です」と見積もりを出されても後の祭り。「せっかく安く土地が買えたのに、造成費用のおかげで高くついてしまった!」なんてこともよくある話です。

もちろん、土地の購入前に造成内容や費用に関してハウスメーカーにしっかりと確認することは大切ですが、発想を転換させて、その土地の形状を逆手に取った設計をするといった考え方もあります。

欧倫ホームでは、変形地と同じく高低差のある土地の設計も得意としています。

こちらは高低差のある土地形状を上手に利用した施工例のひとつです。

まるで平屋のような、スッキリとしたデザイン性の高い家。

しかし実はこの建物、裏側から見ると…

先ほどの印象とは変わり、このように通常の2階建ての家なのです。

これは一体どういうことなのか…?

次はこの建物を横から見てみましょう。

いかがでしょうか?

実はこのように、地上平屋建て+地下住宅のようになっていたのです。

さらに詳しく、こちらの図でご説明しましょう。

こちらの土地はもともと前面道路から奥に土地が下がっており、「半分近くが傾斜地」という高低差のある土地の中でも珍しい土地でした。

通常、このように土地内に傾斜部分がある土地の場合、頑丈な擁壁を立てて土留めを行い、土を盛って平らにしてから上に建物を建てることがほとんどです。

その点、弊社では傾斜地の一部を削って段違いの宅地をつくり、その上に建物を建てるという、そのままの土地形状を利用した設計を行いました。

この施工の最大のメリットは、造成費や地盤補強費用が抑えられるということ。

また、道路からみると平屋に見えるのに実は2階建てという特殊なデザインは、「他の人とは違った家が建てたい!」と願う方の理想を叶える、オリジナリティ溢れる家となりました。

通常、このような高低差のある土地は、変形地と同じく坪単価が低めであることも多いでしょう。

さらに、道路よりも高さがあると、眺めや日当たりが良かったり、外からの視線が気にならないためプライバシーを確保しながら開放的な暮らしができるといったメリットも。

また、床の高さを変えて立体的な空間をつくりだすことのできる「スキップフロア」を用いるプランにも最適。高さを利用したインナーガレージやオーディオルームなどをつくることも可能です。

高低差を利用したからこそ生まれるデザインは、他の人とは違った個性的な家が建てたい方にピッタリだと言えます。

自分ひとりでは思いつかないようなデザインやアイディアも、私たちにお任せください。

弊社には、一般的にデメリットと思われる土地の問題点をメリットへと変えた例が数多くあり、このような土地だからこそ、アイディア次第でより豊かな住宅になると考えています。

「立地は良いけれど土地の形が…」とか「造成にお金がかかるのでは…」と悩む土地があれば、諦める前にお気軽にご相談ください。

きっと想像以上のデザインと快適性で夢のマイホームをご提案させていただきます。