希望エリアを再検討する視点とは

希望エリアを再検討する視点とは

投稿日: 16/10/14日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

土地探しの際に重視する項目に、「地域」や「エリア」があります。

「勤務地周辺で探したい」「実家の近くで探したい」「住み慣れた今の地域から離れたくない」など、エリアにこだわりを持って探している方も多いのではないでしょうか。

しかし実際に土地探しを始めてみると、希望どおりの土地が見つからなかったり、希望予算と売値がマッチしなかったり…など、なかなかうまくいかないこともあるようです。

そんな方に、希望エリアを再検討することで土地探しがスムーズに進む事例をご紹介します。

私たち欧倫ホームが、愛知県稲沢市にて分譲住宅の販売をスタートした時のお話です。

稲沢市と言えば愛知県北西部に位置する市。

名古屋駅まで電車で1本という利便性もあり、当初の想定ではこの分譲住宅を購入されるお客様は名古屋市街地や、稲沢市周辺エリアに住んでいる方だろうと考えていました。

しかし、いざ広告チラシを配布しようと不動産会社や広告会社にマーケティング調査を依頼したところ、実は今現在は、それらの地域だけではなく名古屋の南東部に位置する名古屋市緑区、隣の大府市、そのまた隣の三河地区の刈谷市に住む方々も広告(購入)対象になる、という結果が出たのです。

刈谷市と言えば、トヨタグループ主要企業の本社や工場が集まる日本有数の自動車工業都市です。弊社でも刈谷市周辺の土地を探しているお客様が多いのですが、坪単価は高く市場に出る土地数も少ないため、なかなか希望通りの土地が見つかりにくいのが現状です。

そのため刈谷市の近隣の大府市、豊明市、名古屋市緑区辺りまで範囲を広げて土地探しをすることも多いのですが、それが今やなんと一気に稲沢市まで希望エリアが伸びているというのです。

路線で見てみると、稲沢市にはJRの「稲沢駅」や名鉄の「国府宮駅」があります。JRを使えば刈谷駅まで名古屋乗り換えで35分~40分。実は充分通勤圏内なのですね。

また、稲沢市は近年ベッドタウン化が急激に進むエリア。そのため、駅まで徒歩圏内でそれなりの広さがある土地を、刈谷市周辺よりもはるかにリーズナブルに購入することができるのです。

刈谷市で建てると予算6000万はかかる注文住宅が、稲沢市だと4000万円台!なんてこともあるかもしれません。

同じようなことは他のエリアにもあります。

例えば、豊田市に勤務し、周辺でマイホームを検討されている方々。

これまでは隣のみよし市、東郷町、日進市、長久手市辺りも含めて土地を探していらっしゃる方が多かったのが、近年は、瀬戸市内に土地を購入する方も増えてきています。

瀬戸市も稲沢市と同じように、近年ベッドタウン化に積極的なエリア。坪単価もリーズナブルで、「瀬戸市駅」から「新豊田駅」までは愛知環状鉄道で1本。なんと30分弱で豊田市に到着するのです。

このように、希望のエリアでなかなか希望する土地が見つからない場合、「勤務先が●●市だから●●市周辺で土地を探さなきゃ!」という固定概念を一度無くし、視点を変えてエリア選定を考えなおすことも大切です。

不動産業者やハウスメーカーに土地探しの相談をするときも、「●●市内で探しています!」と断定して伝えるよりも、「●●市が勤務地なので、勤務先までドア・ツー・ドアで1時間以内で通えるエリアでお願いします」などと伝えたほうが、より選択肢が広がるでしょう。

土地探しの基盤であり、ファーストステップとも言えるエリア選定。

当初の希望やイメージ、固定概念だけで決めるのではなく、予算や条件をフラットな目線で検討し直してみることで、快適なライフスタイルが手に入るかもしれませんね。

土地探しの際に重視する項目に、「地域」や「エリア」があります。

「勤務地周辺で探したい」「実家の近くで探したい」「住み慣れた今の地域から離れたくない」など、エリアにこだわりを持って探している方も多いのではないでしょうか。

しかし実際に土地探しを始めてみると、希望どおりの土地が見つからなかったり、希望予算と売値がマッチしなかったりなど、なかなかうまくいかないこともあるようです。

そんな方に、希望エリアを再検討することで土地探しがスムーズに進む事例をご紹介しま

私たち欧倫ホームが、愛知県稲沢市にて分譲住宅の販売をスタートした時のお話です。

稲沢市と言えば愛知県北西部に位置する市。

名古屋駅まで電車で1本という利便性もあり、当初の想定ではこの分譲住宅を購入されるお客様は名古屋市街地や、稲沢市周辺エリアに住んでいる方だろうと考えていました。

しかし、いざ広告チラシを配布しようと不動産会社や広告会社にマーケティング調査を依頼したところ、実は今現在は、それらの地域だけではなく名古屋の南東部に位置する名古屋市緑区、隣の大府市、そのまた隣の三河地区の刈谷市に住む方々も広告(購入)対象になる、という結果が出たのです。

刈谷市と言えば、トヨタグループ主要企業の本社や工場が集まる日本有数の自動車工業都市です。弊社でも刈谷市周辺の土地を探しているお客様が多いのですが、坪単価は高く市場に出る土地数も少ないため、なかなか希望通りの土地が見つかりにくいのが現状です。

そのため刈谷市の近隣の大府市、豊明市、名古屋市緑区辺りまで範囲を広げて土地探しをすることも多いのですが、それが今やなんと一気に稲沢市まで希望エリアが伸びているというのです。

路線で見てみると、稲沢市にはJRの「稲沢駅」や名鉄の「国府宮駅」があります。JRを使えば刈谷駅まで名古屋乗り換えで35分~40分。実は充分通勤圏内なのですね。

また、稲沢市は近年ベッドタウン化が急激に進むエリア。そのため、駅まで徒歩圏内でそれなりの広さがある土地を、刈谷市周辺よりもはるかにリーズナブルに購入することができるのです。

刈谷市で建てると予算6000万はかかる注文住宅が、稲沢市だと4000万円台!なんてこともあるかもしれません。

同じようなことは他のエリアにもあります。

例えば、豊田市に勤務し、周辺でマイホームを検討されている方々。

これまでは隣のみよし市、東郷町、日進市、長久手市辺りも含めて土地を探していらっしゃる方が多かったのが、近年は、瀬戸市内に土地を購入する方も増えてきています。

瀬戸市も稲沢市と同じように、近年ベッドタウン化に積極的なエリア。坪単価もリーズナブルで、「瀬戸市駅」から「新豊田駅」までは愛知環状鉄道で1本。なんと30分弱で豊田市に到着するのです。

このように、希望のエリアでなかなか希望する土地が見つからない場合、「勤務先が●●市だから●●市周辺で土地を探さなきゃ!」という固定概念を一度無くし、視点を変えてエリア選定を考えなおすことも大切です。

不動産業者やハウスメーカーに土地探しの相談をするときも、「●●市内で探しています!」と断定して伝えるよりも、「●●市が勤務地なので、勤務先までドア・ツー・ドアで1時間以内で通えるエリアでお願いします」などと伝えたほうが、より選択肢が広がるでしょう。

土地探しの基盤であり、ファーストステップとも言えるエリア選定。

当初の希望やイメージ、固定概念だけで決めるのではなく、予算や条件をフラットな目線土地探しの際に重視する項目に、「地域」や「エリア」があります。

「勤務地周辺で探したい」「実家の近くで探したい」「住み慣れた今の地域から離れたくない」など、エリアにこだわりを持って探している方も多いのではないでしょうか。
しかし実際に土地探しを始めてみると、希望どおりの土地が見つからなかったり、希望予算と売値がマッチしなかったり…など、なかなかうまくいかないこともあるようです。


そんな方に、希望エリアを再検討することで土地探しがスムーズに進む事例をご紹介します。


私たち欧倫ホームが、愛知県稲沢市にて分譲住宅の販売をスタートした時のお話です。
稲沢市と言えば愛知県北西部に位置する市。
名古屋駅まで電車で1本という利便性もあり、当初の想定ではこの分譲住宅を購入されるお客様は名古屋市街地や、稲沢市周辺エリアに住んでいる方だろうと考えていました。

しかし、いざ広告チラシを配布しようと不動産会社や広告会社にマーケティング調査を依頼したところ、実は今現在は、それらの地域だけではなく名古屋の南東部に位置する名古屋市緑区、隣の大府市、そのまた隣の三河地区の刈谷市に住む方々も広告(購入)対象になる、という結果が出たのです。

刈谷市と言えば、トヨタグループ主要企業の本社や工場が集まる日本有数の自動車工業都市です。弊社でも刈谷市周辺の土地を探しているお客様が多いのですが、坪単価は高く市場に出る土地数も少ないため、なかなか希望通りの土地が見つかりにくいのが現状です。
そのため刈谷市の近隣の大府市、豊明市、名古屋市緑区辺りまで範囲を広げて土地探しをすることも多いのですが、それが今やなんと一気に稲沢市まで希望エリアが伸びているというのです。

路線で見てみると、稲沢市にはJRの「稲沢駅」や名鉄の「国府宮駅」があります。JRを使えば刈谷駅まで名古屋乗り換えで35分~40分。実は充分通勤圏内なのですね。

また、稲沢市は近年ベッドタウン化が急激に進むエリア。そのため、駅まで徒歩圏内でそれなりの広さがある土地を、刈谷市周辺よりもはるかにリーズナブルに購入することができるのです。
刈谷市で建てると予算6000万はかかる注文住宅が、稲沢市だと4000万円台!なんてこともあるかもしれません。

同じようなことは他のエリアにもあります。
例えば、豊田市に勤務し、周辺でマイホームを検討されている方々。
これまでは隣のみよし市、東郷町、日進市、長久手市辺りも含めて土地を探していらっしゃる方が多かったのが、近年は、瀬戸市内に土地を購入する方も増えてきています。
瀬戸市も稲沢市と同じように、近年ベッドタウン化に積極的なエリア。坪単価もリーズナブルで、「瀬戸市駅」から「新豊田駅」までは愛知環状鉄道で1本。なんと30分弱で豊田市に到着するのです。


このように、希望のエリアでなかなか希望する土地が見つからない場合、「勤務先が●●市だから●●市周辺で土地を探さなきゃ!」という固定概念を一度無くし、視点を変えてエリア選定を考えなおすことも大切です。
不動産業者やハウスメーカーに土地探しの相談をするときも、「●●市内で探しています!」と断定して伝えるよりも、「●●市が勤務地なので、勤務先までドア・ツー・ドアで1時間以内で通えるエリアでお願いします」などと伝えたほうが、より選択肢が広がるでしょう。


土地探しの基盤であり、ファーストステップとも言えるエリア選定。
当初の希望やイメージ、固定概念だけで決めるのではなく、予算や条件をフラットな目線