夏休みはハウジングセンターへGO!

夏休みはハウジングセンターへGO!

投稿日: 16/8/11日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

8月に入り、酷暑日が毎日のように続いています。子どもたちは夏休み。家族でどこへ出かけようか悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そんな暑さ厳しい夏のお出かけ先としてオススメなのが、冷房が効いて涼やかな「ハウジングセンター」です。
ハウジングセンターにはたくさんのモデルハウスがまるで住宅街のように並んでいます。誰もが聞く大手ハウスメーカーから地元の有力ビルダーまで本当に様々。
実際の建物を見て、触れて、五感で感じることで、ネットやパンフレットでは分からない部分も実感でき、家づくりのヒントやアイディアを得ることができます。土地が決まっていない方でも、自分が建てたいと思えるモデルハウスに出会うことで、どのような土地を探すべきなのか分かることもあるでしょう。
今回は、このハウジングセンターを効率的に見てまわることができるアドバイスをご紹介します。

********************

●まずは総合案内所へ
ハウジングセンターには総合案内所があります。会場に到着したら、まずは総合案内所に出向き会場の地図をもらいましょう。ハウジングセンターには数多くのモデルハウスがあるため、1日ですべてを周るのは不可能。事前に興味あるメーカーを定めておくことはもちろんですが、建てたい家のテイストや性能などの特徴を展示場のスタッフに伝え、その特徴に合ったハウスメーカーを教えてもらうのも良いでしょう。

●展示場内を散歩してみる
案内所で地図をもらったら、まずは場内をぐるりと一周散歩してみましょう。地図と照らし合わせながら、外側から好みのモデルハウスをチェックしてみます。そこで見つけた気になるハウスメーカーと、事前に気になっていたハウスメーカー、そして案内所で紹介してもらったハウスメーカー合わせて3~5社ほどに絞り込んでから見学を始めるとスムーズに周ることができますよ。

●気になるモデルハウスを見学
見学するハウスメーカーを絞り込んだら、勇気をだして建物の中に入ってみます。一番に目に入る間取りや空間はもちろん、デザインや使われている素材、構造など気になることはどんどん営業マンに質問してみましょう。

●資金計画について相談してみる
最も心配な金額については、初回の見学時であれば「延床35坪の家を計画中で、平均的にはいくら位かかりますか?」などのざっくりとした質問も良いですが、具体的な資金計画を早い段階で把握できると、家づくりに必要な予算や、その内建物にかけれる予算など見えてくるのでおすすめです。
(2回目では、初回見学で特に気になった1~3社に、事前に予約して訪問することをおすすめします。予約時に「資金計画について話が聞きたい」と伝えておけば、営業マンが事前に必要な情報を準備してくれるので、打ち合わせがスムーズに進みます。建てたい家のイメージや、土地の有無、自己資金、ローンの計画があれば勤め先や年収まで、出来るだけの情報を開示できるとより具体的な資金計画が可能です。)

●土地についても相談してみる
実は、土地探しはハウスメーカーと一緒に「どのような家にしたいのか?」を話し合った上で、希望の家が建てられる土地を探すことが一番良いのです。
土地と建物を別々で相談してしまうと、「予算計画の中に収まらない」「土地の制約が厳しく、想い通りの建物が作れない」など取り返しの付かない事態になりかねません。
ほとんどのハウスメーカーは、土地の情報を持っていたり、土地探しの相談にも乗ってくれるため、遠慮することなくどんどん相談してみましょう。

********************

ハウジングセンターは、何も考えずに出かけるとモデルハウス巡りだけで疲れ果ててしまい、多くの家を見すぎて混乱してしまうことも。
このように、事前に気になる住宅メーカーやこだわりたい部分の質問事項を定めておけば、スムーズで有意義な見学になることでしょう。
夏のハウジングセンターは子供向けのイベントもたくさん用意されています。家族で気軽に出向いてみてはいかがでしょうか。