消費増税と「家の建て時」

消費増税と「家の建て時」

投稿日: 13/8/12日

カテゴリ:

この記事の評価:

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
読み込み中 ... 読み込み中 ...

今回は消費税など税金の面から考える、家の建て時についてです。
テレビやニュースなどで報道され、皆さんご存知かと思われますが、現在のところ消費税は20144月に8%、201510月に10%と増税になることが決まっています。
例えば住宅の価格が税抜きで2000万円なら、消費税3%アップで60万円、5%アップで100万円、現在より税金が高くなります。
この増税に備えて「家を建てるのなら今!」「早めにご契約を!」というハウスメーカーがほとんどです。

では消費税アップを見越して、家を建てるのなら早めに契約するのが本当に良いのでしょうか?

欧倫ホームは「一生住み続ける我が家なのだから、じっくりと考え検討し、家づくりをした方が良い」と考えます。

家を建てるタイミングは、「家族での生活を考える中で新たな家が必要になるとき」だと思います。
家族構成や子供の成長、仕事や家族の都合で家が必要になったときが、家の建て時の最適なタイミングではないでしょうか。
何十年も住む、生活の拠点、大切な我が家となる場所です。
増税に煽られて、慌てて建てることが良いとは思いません。
また、先日20144月の増税を見越して住宅展示場への来場者が増えているというニュースも取り上げられていました。
当たり前ですが世間の流れとしては、そういう傾向があるようです。

しかし今後23年以内に家を建てようと考えているのでしたら、早いうちに動き始めた方が良いかもしれません。

慌てて家を建てることは決してオススメしませんが、家を建てることを決めたのでしたら、税制動向を見ながら、そろそろ家づくりへの行動を具体化させていくべきだと思います。

慌てずじっくりと「理想の我が家」を創ってください。